본문 바로가기 대메뉴 바로가기

国立光州博物館

닫기

Gwangju National Museum

역사와 문화가 살아숨쉬는 국립광주박물관
비쥬얼 이미지

アジア陶磁文化研究

国立光州博物館は、韓国陶磁分野の発掘·展示·学術に関する最新情報を収集、提供することで、国内外における韓国陶磁研究の中心的な役割を遂行しています。また、国内外の関連機関(学者)に、東南アジアにおける陶窯址の発掘調査、研究成果の展示、学術大会、報告書など、多様な形で陶磁アーカイブ資料を収集、提供していますので、多大な関心とご利用をお願い致します。

国立光州博物館のブランド化戦略

国立光州博物館が位置する湖南地方は、韓国陶磁器の本場とされるだけあって、高麗時代の青磁から朝鮮時代の粉青沙器、白磁に至るまで、数多くの窯址が分布しています。それだけに、高麗時代の青磁をはじめとする陶磁づくりの中心地として、その起源と発展における位置づけが非常に高い所です。アジア陶磁の交流が鳥瞰できる韓国で最初の陶磁専門博物館として、中世アジアにおける陶磁交流像を幅広く認識し、アジア文化間の共通及び差別性を究明し、世界史的価値に焦点を当てようとしています。

東アジア陶磁文化研究ネットワークの構築

  • 国内外の関連機関間の研究·展示及び人的交流ネットワークの構築
  • 国際著名学術誌の発刊(年1回)

東アジア陶磁文化アーカイブの構築

  • 東アジアにおける陶窯址の発掘調査
  • ブランド展示の定例化及ぶ国際学術大会の開催
  • 陶磁アーカイブの収集及びサービス(ニュースレター年4回/四半期別に1回発行)
  • アジア陶磁資料の常設展示
アジア陶磁文化研究